耳ダニに気をつける|厄介な症状にはトロイイヤードロップスが一番よく効きます

耳ダニに気をつける

瓶から出ている薬

耳ダニとはまずどういうものなのか?
その原因となる寄生虫がミミヒゼンダニといわれるものになります。
このミミヒゼンダニは人間の耳には住みつかず、犬の耳に住みつきそこからずっと動くことはありません。
耳ダニにずっと寄生されると、外耳炎になってしまうのでできるだけ早く対応してあげましょう。

ではそもそもどうして犬は耳ダニに感染してしまうのか?
気づいた頃にはあなたの犬も耳ダニの餌食になる可能性は十分にあります。
ただ毎日エサをやって散歩してあげるだけでは当然耳ダニを阻止することは不可能でしょう。
まずその原因として一番大きいのは「耳の手入れをしないこと」です。
だから普段から必ず耳の手入れを欠かさないこと。
手入れの方法は色々ありますが、一般的にはイヤークリーナーを耳に直接入れて揉みこみます。
もし直接入れることを拒んでくるなら、コットンに染み込ませて耳を吹いてあげてください。
ただし注意してほしいのは「めんぼう」の使用です。
なんとなく身近にあるめんぼうを使いがちかもしれませんが、めんぼうの場合は汚れを逆に押し込んでしまったりする可能性があります。
また鼓膜に傷をつけるおそれもあるので犬に対しては使用しないようにしましょう。

ちなみに耳ダニはすでに耳ダニに寄生されている犬との接触によっても発生することがあります。
もし2匹以上犬を飼っているのであれば、すべての犬の耳を手入れしてあげなければいけません。

耳ダニに寄生されると犬がかゆがるだけではとどまらず、そのうち耳から悪臭を放つようにもなります。
もし室内で犬を飼っている人は部屋中が耳ダニの悪臭で蔓延してしまう可能性もありますから、犬の耳はいつも確認しておきましょう。