絶対警戒すべき病気|厄介な症状にはトロイイヤードロップスが一番よく効きます

絶対警戒すべき病気

手のひらの薬

犬の病気でおそれるものといえば、耳ダニだけではなく「フィラリア症」も欠かせません。
これは犬を長く飼っている人なら当然聞いたことあると思います。
ただまだまだフィラリア症のことを知らない人もいるはずなので、わかりやすくフィラリア症についてもここで学んでいただきましょう。

まずフィラリア症はフィラリアと呼ばれる寄生虫が犬の体内に入り込むことで発生します。
そして体内に入ったフィラリアは長い時間をかけて皮膚の裏でじっと脱皮を繰り返し、最終的には犬の心臓に向かいたくさんのミクロフィラリアを産むようになります。
そうなるとどんな動物薬を使ったとしても駆除できず、さらには命まで落としてしまうことになるでしょう。
つまりフィラリア症は絶対に放置してはいけない病気になります。

じゃあフィラリア症になったかどうかはどうやって判断すればいいのか?
その判断方法としてはまず咳き込んでいるかどうかをみてください。
フィラリアに感染した犬はしばらくなんの症状も表に出さないのですが、しばらくすると咳をするようになります。
この咳に気づけずにいると、すでにミクロフィラリアが血管に入り込もうとしている段階になってしまうのでかなり危険な状態になります。
とくに血尿をするところまで放置すればもうフィラリアが自由に体内であばれまわっている状態だといえるので、必ず初期症状を見逃さないようにしてください。

そしてフィラリアは突然急にあばれることもあります。
そうなると誰の目で見ても犬の様子がおかしいことに気づくと思いますので、すぐさま病院へ連れて行ってあげましょう。